Recently…

『ピュアインディゴを使ったインディゴ体験』

梅雨も空け子供達は夏休みに入りましたね!
夏休みは長いですから、お子さんがいるご家庭は大忙しですね。

『ピュアインディゴを使ったインディゴ体験』

今年も始まりました!!

*ちょっと染め体験で1枚染めてみたい方
*お子さん(小学4年生以上)の自由研究で悩んでいる方
*モノづくりしているけど、家で染めは大変!という方
等々、いろいろ手軽に染められます。

早くも夏休みの自由研究で、手ぬぐいの染め体験したのは、
お母さんのAちゃんと小学5年生のK君親子。
フイルムケースを使ってドット柄手ぬぐいに挑戦しました。

IMG_8197

フイルムケースをつけた所は染まらないので、出来上がりをイメージしながらフイルムケースを付けていきます。

IMG_8199

インディゴの染料に5分間つけて生地を泳がせます。

IMG_8200

IMG_8201

はじめは緑色なのが、空気に触れるとみるみる青く変化していきます。
*空気中の酸素と結合(酸化)させることで青色に染色出来るのです。

IMG_8202

フイルムケースを外し流水で洗い、お酢にしばらく浸け、もう一度すすいだら完成です。
*繊維を染料につけると、色素が繊維内のたんぱく質にくっついて染まります。
お酢はたんぱく質を凝固させる働きがあるので、たんぱく質の中から染料が逃げにくくなるためです。

IMG-8166

可愛いドット柄になりました。

価格は
手ぬぐい 1枚 1500円
親子自由研究体験 約2時間 親子で4000円(手ぬぐい2枚)
*染めは化学反応ですので、理科がはじまる4年生〜6年生がオススメです。
1時間染め放題コース 5000円(頑張ってTシャツ3から4枚程度)
染め方や内容によって若干料金は異なりますので、ご了承下さい。

〜今回使用する『ピュアインディゴ』は、1800年代にドイツで発明された合成藍で、世界中で愛されている「LEVI STRAUSS社」の製品は、創業当初から合成藍の機械染めです〜

問い合わせ 042-725-6641


midoriのシャツ

残念な事に生産を終了してしまった、BUMBAのシャンブレーシャツ。
その型紙をベースに新たに作り直したmidoriのシャツ。

SONY DSC

BUMBA同様、身幅、アームホールはゆったり着やすくしていますが、スッキリしたシルエット。
生地はインドの職人さんが手のひらより一回り程大きい木を手彫りで版を作り、隙間なくスタンプしていくブロックプリントを使用。

IMG_7862

薄くて柔らかいコットン素材ですので、夏場に適した素材となります。
手作業による、かすれ、柄のずれがあり、全く同じ柄にならないのもハンドブロックプリントの良い所だと思います。
生産を岐阜から町田に移し、お針子さんによって1枚1枚丁寧に縫われています。

まだ動き出したばかりですので、品質表示は付きませんのでご了承を、、、
ネームも新しくなりました。

SONY DSC

SONY DSC

色は2色。ただし、すみません。店頭にて完売しました。
midoriの白シャツも入荷しました。

kraken online
よろしくお願いします。


SUNSKI-A4-POP-A

商品のご購入はこちら kraken online


indigo


久々に。